少し御朱印に慣れた人は何故か日蓮宗だけ御朱印帳を別にする。別に日蓮宗の信者であるなら話は分かるが、日蓮宗の信者でない人が御朱印帳を分ける必要があるのかと思わされる。
ただ単に、『妙法』が気に入らないし、せっかくだから『南無妙法蓮華経』って書いてほしいからとかいうスタンプ感覚な人が最近は蔓延ってる気もするが、御朱印というのは宗教であって御朱印集めは宗教行為であるということを忘れてはいけない。例えば神社とお寺を分けての御朱印帳を持っている人はたくさんいる。しかし神社とお寺で御朱印帳を分ける理由なんかは無いのである。神社とお寺だけ分ければいいという大雑把な考えを改めなおしてほしい、お寺だったら密教、浄土、禅、法華、奈良仏教。別に宗旨は関係ないのか?ていうか御朱印を集めている人は各宗派の教えなんかどうでもいいと思っているのか?でまた、日蓮宗だけを別に分けようとするというのは最近の暗黙の了解なのか?それとも法華経の術中にはまってしまっているのか?別に『妙法』でいいと思いませんか?どうせ法華経も知らないなら。御朱印に何を求めているのですか?御朱印はスタンプですか?スタンプラリーをしているのですか?どうしても『南無妙法蓮華経』じゃダメなんですか?あなたは日蓮宗の何を知っているのですか?自分の宗教は何なのですか?何を信仰しているのですか?そんな最近の御朱印を集めている人たちの考えを真っ向から否定してみます。