修験道(しゅげんどう)ってなんだ?


山の上にあるお寺や神社には修験道の影響のあるところが結構ある。

高尾山や出羽三山。富士山も修験道とかかわりがある。

では修験道とはなんぞや?

分かりやすく言えば山に登って修行して不思議な力を得ようという日本古来の山岳信仰のこと。

山に登って修行する人たちのことを山伏(やまぶし)という。

修験道とは独立した宗教なのか?仏教なのか神道なのか?

山岳信仰に仏教、特に密教。他にも神道、道教、陰陽道などが合わさってできた信仰ともいえる。

他の宗教の良いとこ取りをしてできた宗教ともいえる。

開祖もいまして一般には役行者(えんのぎょうじゃ)や役小角(えんのおづぬ)。信仰の対象として神変大菩薩(じんべんだいぼさつ)と呼ばれています。

日本各地に修験道の霊場はあるが、修験道とはあくまで山岳信仰の総称で各地で宗派は異なる。今日では仏教の一派として存在しているのがほとんどである。(修験道という名の団体も一応倉敷に存在するが、あまり名は知られていない。)

例えば高尾山にある薬王院は真言宗智山派である。

出羽三山は荒沢寺の羽黒山修験本宗という天台宗系の宗派と出羽三山神社。つまり神道である。

あと明治の神仏分離、廃仏毀釈や修験道廃止令によりお寺だったところが神社になったところもあります。
それ以前は神仏が一緒でした。

いまとなってはビックリするかも知れないが今でも神仏が一緒になっていたり神社で般若心経を唱えるところもあります。


役行者ゆかりの江の島の江島神社は明治時代に真言宗のお寺から神社に変わってお寺はなくなった。

遠州の秋葉山は明治以前は神仏が一緒になっていたが明治に神社とお寺が切り離されたので神社もお寺もある。

もともと修験道は天台宗系の本山派と真言宗系の当山派の二大派閥でありましたが、今日においては三大修験宗派みたいのがありまして、

本山修験宗(本山派)

真言宗醍醐派(当山派)

金峯山(きんぷせん)修験本宗(吉野山)

が、三大修験宗派といわれています。

これらの寺院は人里にあっても修験道にかかわりのある寺院であります。

京都の聖護院という言葉を聞いたことがありますか?
聖護院八ツ橋とか聖護院かぶ聖護院大根とか。

この聖護院というのは本山修験宗の総本山なのです。
京都の町中にありますよね。

修験道は何を拝んで信仰しているのか?

不動明王や権現と呼ばれる日本発祥の神とも仏とも呼べるものを信仰の対象としている。

権現とはなんぞや?

分かりやすくいえば仮の姿。本体の仏様がいて本体とは別の姿というべきか?本体のことを本地仏という。

例えば徳川家康は死後東照大権現とし祀られるようになった。

東照大権現の本地仏は薬師如来で家康は薬師如来が人間界に現れた姿とされています。つまり家康の本体は薬師如来だったのです!!

高尾山の本尊の飯綱権現も本体の仏様がいます。本地仏は不動明王といわれています。

高尾山 飯縄権現

img196


秋葉山 秋葉権現

img228





あと修験の霊場でよく見るのが天狗の像。

高尾山にも天狗の像がありますし、飯綱権現の姿も天狗です。

天狗は山伏の成れの果てともいわれているので山伏の格好をしています。

いかがでしたか?

山伏になり修験の道を歩んでみたくなりましたか?

今では高尾山や出羽三山など山伏の修行を体験できるところが日本各地にありますから滝に打たれたり火渡りをしたりほら貝を吹いたりと経験してみるのもいいかも知れません。

山ガールも極めれば山伏ガールになれます。

あと修験道は他の宗教に非常に寛容で山伏になるからといって今までの信仰を捨てなければならないなんてことは一切ありません。

もしあるならばそれは修験道ではありません。

あくまで自分の道であるので今までの信仰や家の信仰を捨てる必要がないのです。